いち電の近況のお知らせ

みなさん、こんにちは。

ご無沙汰してしまいましたが、猛暑、酷暑の後には、台風15号、19号、そして昨日の千葉に集中的に起こった豪雨、と、異常気象を実感させられる日々です。被害にあわれた皆様には、心からお見舞い申し上げます。気候変動の進行と共に異常気象は増え、激化すると予想されます。どうか皆さま、今後もお気をつけて。

また大切なことは、この異常気象の進行は私たちの手で止められるということです。受け身に身を守る行為だけでなく、その原因にどう対処するか、考え行動する必要性が高まっていると感じます。いち電の目指すところはそこにある!とも言えます。

さて、報告がきちんとできていませんでしたが、活動は粛々と進めています!以下、近況です。

  • 5月25日  総会とともに、第2号発電所竣工式を実施。四つ葉のクローバーの種を蒔き、ホットドッグも食べるというイベントを実施。
  • 6月2日  環境フェア出展(いちかわ地球市民会議間借り)。チラシ配布を中心に実施
  • 6月8日  自然エネルギー100%シンポジウム&上映会。リネット千葉主催。
  • 6月9日  いちかわ電力2018年度事業報告書をメールで送付し報告。
  • 6月27日 リネット千葉定例会。6/8のシンポジウムのアンケート集計などを実施した
  • 8月4日  事業化検討会の開催。今後の展開について議論・アイディアが出された。
  • 8月17日 定例会の開催
  • 9月14日 ちばエコエネルギーの馬上さんを講師にソーラーシェアリングの内部勉強会
  • 10月26日 事業化検討会の開催

発電所の発電状況は、随時Facebookページにアップしています。今後は、ウェブサイトにも掲載していきたいと思っています。

引き続き、ご支援・ご参加、よろしくお願いいたします!

(副理事長・平田)

 

いち電力2号機完成!・竣工式開催

 5月25日(土)栃木県壬生(みぶ)町の山林を整備したエリアに

NPO法人いちかわ電力コミュニティの太陽光発電2号機が完成し竣工式を開催しました。

当発電所は4月8日に系統連系し順調に発電をしております。

私たちは、クローバーが広がる発電所で作られたクリーンな電気を通じて多くの人々に幸せが広がりますように、という思いを込めて、当発電所を「よつば・ひろがる発電所」と名付けました。そして、気温31℃(!)と5月としては非常に暑い夏日の中、熱中症に気を付けながら、決して若くないメンバー全員で雑草を抜き、ゴミ拾いをした後に名称の由来のクローバーの種まきをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は、太陽光で発電した電気を使ったホットプレートでソーセージを焼き、ホットドックを作りみんなで食べた味は格別に美味しかったです。(大げさかな?)

次に来るときにクローバーの芽が出ていることを祈りながら、無事に竣工式を終え、現地を後にしました。

今後は、3号機発電所の設置先の調査と地域の再生可能エネルギーの普及活動に努めていきたいと思います。

 

(事業化検討メンバー・日野)

2019年度総会 のご案内です!

こんにちは!

GWに突入しましたね。10連休どのようにお過ごしになるのでしょうか?ワタシは、特段の予定はなく、家の片付け(&お友達とのちょこちょこの飲み会)に費やしたいと思っています(笑)。

さて、今年度のNPOいち電としての総会が、以下の通り開催されます!

2019年度NPO法人 いちかわ電力コミュニティ総会

時間:9:30~10:00

場所:ボランティア・NPO活動センター 3F(旧市民談話室)(市川市八幡2-4-8)

1年間を振り返り、また次年度に向けた活動を展望します。会員の皆様の出席をお願いいたします!

出席の連絡はこちらからよろしくお願いいたします!

https://forms.gle/dBXKrAX55TgzU7NS9

なお、この日は、総会を効率よく終え、はれて稼働を始めた栃木県壬生の2号機の竣工会に出かけたいと思っています。発電所を見学しつつ、四つ葉の種まきをしよう!と企画をしています。上記の総会出席確認には、竣工式の参加フォームも兼ねています。

竣工式のご案内は、次回のブログでお知らせしますね!

(副理事長・平田)

いち電2号機-栃木の壬生発電所(仮称)紹介

こんにちは。先日のブログで視察報告をしましたが、今日は、このいち電が手がける2号機となる発電所についてもうちょっと詳しく紹介しますね。我らが第2号発電所を、一昨年の12月29日に現地で撮影した写真はコチラ。写真①の小道の右手が第2号発電所予定地。写真②が第2号発電所予定地内。まだ鬱蒼と木々が生えていました。

写真①              写真②

 

 

 

 

 

 

 

それが2019年1月には、木が伐採され整地され、太陽光パネルの架台が造られていました。

写真③                写真④

 

 

 

 

 

 

 

写真③の手前左側にある赤い四角の棒が、入口の左端となります。そこから向うが第2号発電所予定地です。遠くに建設中の架台が見えます。入口からかなり余裕をとっています。写真④が建設中の架台です。周囲には他の太陽光事業者さんのパネルも建設予定でいますが、ここ一帯の架台の角度は当初10度の予定だったそうですが、周囲の他の太陽光発電事業者さんたちを説得して、角度を20度(その方が発電効率アップ!)にして下さったのですって!発電量に期待大ですね!

左の写真⑤は、入口とは反対側の奥です。写真左側手前のピンクの旗(?)が立っているところまでが第2号発電所の土地です。人物との比較で架台の大きさがわかります。ここもスペースに余裕がありますので、バーベキューできます!

系統連系ももうすぐ、完成までもうすぐです!現場は頑張って作業して下さっていますので、我々も準備を頑張らないと!第2号発電所の名称を考えたり、看板のデザインを決めたり、売電先の検討や、竣工式の準備もあります!

(理事長・斉藤)

いち電1号機、認定遅れで発電できず!(涙)

こんにちは。すっかり汗ばむ季節となりましたね。ゴールデンウィークはいかが過ごされましたか。

5月は、普通なら年間でも最も太陽光発電がよく発電する季節。しかし!!3月に無事に工事を終えたと報告したいちかわ電力1号機ですが、いまだに発電できないという事態に陥っているのです。。。

実は、新しい制度に移行した国の固定価格買い取り制度(FIT制度)の下で、1年前頃から新規認定申請の審査期間が非常に長引いているのです。資源エネルギー庁は、昨年6月19日に「新制度になり、申請項目や必要書類が増加したこと、電子申 請システムを刷新したことで、1件当たりの審査時間の長期化、申請不備率の 大幅な上昇等により、審査期間が長期化しています。申請者の皆様にはご迷惑 をおかけしておりまして、大変申し訳ありません。」とお詫び文を発表していますが、通常1~2ヶ月程度とされているところ、それよりも遅れているという状況もあるようです。これによって、倒産する事業者も出てきており、訴訟も起こっているとも聞きます。

いち電1号機は昨年度中の認定許可を受け、今頃はさんさんと照る太陽の下で発電・売電を開始しているはずだったのに…、このあおりを受け、せっかくの設備はただカーポートの屋根にあるだけ、という悲しい状況です。

工事が完了してもう1ヶ月以上が経過しますがまだ音沙汰ありません。このような不備が国の側にあっていいのでしょうか?悲しいというだけでなく、発電した電気を利用することを心待ちにしている施設の方々にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

1日でも早く、申請結果の連絡が来て発電機がフル稼働できることを、日差しいっぱい降り注ぐ太陽を見上げながら祈るばかりです。

(平田・副理事長)