市内環境活動団体意見交換会へ参加

去る9月7日、市内の環境活動団体意見交換会に参加して参りました!

市川市地球温暖化対策推進協議会(以下「温暖化協議会」とする)が市内の環境活動団体に呼び掛けて開催されたもので、個別に活動している環境活動団体同士が情報交換し合い、連携を深めようという趣旨の会でした。

他団体とのネットワークづくりは私たちの事業の柱の1つ、これは参加せずにはいられません!

参加した団体は温暖化協議会をはじめ、Re-いちかわ、市川の空気を調べる会、わんぱくの森の会、大柏川かはづ会、まちづくり家づくりCafe Ichikawa、市川クロマツ会、市川市婦人団体連絡協議会、そしていちかわ電力コミュニティの9団体でした。

まずはそれぞれの活動紹介をしてから、本題の意見交換へ…という予定でしたが、なんと活動紹介だけで2時間経過!なんとなんと熱い活動紹介タイムでしょう!!

しかしそのおかげで、各団体の設立経緯や活動内容、問題意識や抱える課題など、深い理解・共有ができたように思います。終了時間を30分延長し、熱い意見交換及び質問タイムへ。

一部では早くも参加団体同士の連携プロジェクトの萌芽が生まれました!

次回の開催を望まれながら、盛会のうちに終了。セッティング・進行を務められた温暖化協議会の皆様お疲れさまでした。

いちかわ電力コミュニティの成果としては、①市内の団体を知ることができたこと②当団体を知ってもらえたこと③会員を増やしたいという共通の課題を見つけられたこと、などが挙げられます。

③について、お互い助け合えることはないかな?と探していきたいと思いました。
沢山の方が喜んで集まってくれる…関心をもってもらえる…そんな企画を編み出さねば!

いちかわ電力コミュニティは、他の団体と協力してできることはないかと、日々模索しております。何か良いアイディアがありましたらどうぞお寄せください!

(斉藤・理事長)

「市内環境活動団体意見交換会へ参加」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。そうですね。これからさらに横の連携を広げて生きたいと思います!

  2. 「協議会」らしい取り組みで、これからが大いに期待できますね!
    「いちかわ地球市民会議」などとも調整していただけると良いのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です