いち電1号機、認定遅れで発電できず!(涙)

こんにちは。すっかり汗ばむ季節となりましたね。ゴールデンウィークはいかが過ごされましたか。

5月は、普通なら年間でも最も太陽光発電がよく発電する季節。しかし!!3月に無事に工事を終えたと報告したいちかわ電力1号機ですが、いまだに発電できないという事態に陥っているのです。。。

実は、新しい制度に移行した国の固定価格買い取り制度(FIT制度)の下で、1年前頃から新規認定申請の審査期間が非常に長引いているのです。資源エネルギー庁は、昨年6月19日に「新制度になり、申請項目や必要書類が増加したこと、電子申 請システムを刷新したことで、1件当たりの審査時間の長期化、申請不備率の 大幅な上昇等により、審査期間が長期化しています。申請者の皆様にはご迷惑 をおかけしておりまして、大変申し訳ありません。」とお詫び文を発表していますが、通常1~2ヶ月程度とされているところ、それよりも遅れているという状況もあるようです。これによって、倒産する事業者も出てきており、訴訟も起こっているとも聞きます。

いち電1号機は昨年度中の認定許可を受け、今頃はさんさんと照る太陽の下で発電・売電を開始しているはずだったのに…、このあおりを受け、せっかくの設備はただカーポートの屋根にあるだけ、という悲しい状況です。

工事が完了してもう1ヶ月以上が経過しますがまだ音沙汰ありません。このような不備が国の側にあっていいのでしょうか?悲しいというだけでなく、発電した電気を利用することを心待ちにしている施設の方々にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

1日でも早く、申請結果の連絡が来て発電機がフル稼働できることを、日差しいっぱい降り注ぐ太陽を見上げながら祈るばかりです。

(平田・副理事長)

いちかわ電力1号機、工事完了!

桜の花びらが舞う、春爛漫の季節ですね。

いちかわ電力1号機は、3月17、18日に設備工事が無事に完了致しました!
予定通りの工程です!

3月11日には、斉藤も現場を覗きに行ってまいりました。

社会福祉法人の方に、「工事でご迷惑をおかけしている点等はございませんか?」と伺いましたところ、「とんでもない!本当に丁寧に作業をして下さっていて感謝しています!」と、輝く笑顔でお答えいただきました。

「いつも、どのような工事をしたのか、最後に絵を描いて説明して下さるのです!」とも仰り、喜んでいらっしゃいました。

よかった!斉藤も嬉しくなりました!
現場では、本当に丁寧に作業をすすめて下さっており、工事関係者の方に感謝です!


3月11日の写真です。
パネルを背に写真を撮りましたが、太陽の光が眩しくて、目が半開きです。
施設の周りには太陽の光を遮るものはなく、サンサンと降り注ぐ太陽光をたっぷりとキャッチして、発電できそうですよ!

設備工事が終わった現在は、経済産業局の系統連系手続き待ちの状態です!

(理事長・斉藤)

いちかわ電力1号機の工事着工!

こんにちは。

これまで時間をかけて相談してきた、市内の社会福祉法人の施設内に設置するいちかわ電力の1号機(5.4kWの太陽光発電設備)の工事が2月の中旬に始まりました。

施設を利用される方に配慮して週末だけに工事を行い、3月の中旬の完成をめざしています。現状は、既存のカーポートを取り外した後、新しいカーポートを設置して、屋根材を敷設し、モジュールを載せていきました。そして、電気工事はポールを建てて既存の引き込みポール柱との渡り配線も完了しました。

カーポートの土台づくり(20180218)
カーポート敷設(20180225)
パネル設置(20180304)

 

 

 

 

 

 

 

工事完成間近(20180311)
敷地内にはもう春が来ていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ私たちの活動も、再生可能エネルギー事業の実践へと進んでいきます!ウェブサイトも事業について紹介するページを更新しました。

このような活動をいっしょに行いたい、またはサポートしたい、という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださいね。

(久富)

しばらくぶりですが…2/17は臨時総会&定例会の開催です

こんにちは!

ブログ更新が滞ってしまっておりました。。

いち電の行方が見えなくなって、ご心配をおかけしてすみません。

いち電、地道に担当者がこの間も動いて活動を続けています!

そして今年はいよいよ、2件の太陽光パネル設置へと動き出します! 社債募集を通じ、事業化を進めます。詳細は改めてご案内しますね。

そして、今週末は、臨時総会&定例会です。以下詳細です。この間の発電事業準備の報告もします!会員でない方も参加できますので、ご関心がありましたらぜひ!

日時:2018年2月17日(土)16時~18時 臨時総会&定例会

・開催場所:ボランティア・NPO活動センター(市川市八幡2-4-8)
・内容:
 ●臨時総会議決内容; ①役員の選任に関する事項
 ●定例会内容;
①発電事業の報告
②広報(HP等でのPR)の方法
③平成30年度の事業内容検討(環境フェア(6月3日)など)、

 

(副理事長・平田)

市内環境活動団体意見交換会へ参加

去る9月7日、市内の環境活動団体意見交換会に参加して参りました!

市川市地球温暖化対策推進協議会(以下「温暖化協議会」とする)が市内の環境活動団体に呼び掛けて開催されたもので、個別に活動している環境活動団体同士が情報交換し合い、連携を深めようという趣旨の会でした。

他団体とのネットワークづくりは私たちの事業の柱の1つ、これは参加せずにはいられません!

参加した団体は温暖化協議会をはじめ、Re-いちかわ、市川の空気を調べる会、わんぱくの森の会、大柏川かはづ会、まちづくり家づくりCafe Ichikawa、市川クロマツ会、市川市婦人団体連絡協議会、そしていちかわ電力コミュニティの9団体でした。

まずはそれぞれの活動紹介をしてから、本題の意見交換へ…という予定でしたが、なんと活動紹介だけで2時間経過!なんとなんと熱い活動紹介タイムでしょう!!

しかしそのおかげで、各団体の設立経緯や活動内容、問題意識や抱える課題など、深い理解・共有ができたように思います。終了時間を30分延長し、熱い意見交換及び質問タイムへ。

一部では早くも参加団体同士の連携プロジェクトの萌芽が生まれました!

次回の開催を望まれながら、盛会のうちに終了。セッティング・進行を務められた温暖化協議会の皆様お疲れさまでした。

いちかわ電力コミュニティの成果としては、①市内の団体を知ることができたこと②当団体を知ってもらえたこと③会員を増やしたいという共通の課題を見つけられたこと、などが挙げられます。

③について、お互い助け合えることはないかな?と探していきたいと思いました。
沢山の方が喜んで集まってくれる…関心をもってもらえる…そんな企画を編み出さねば!

いちかわ電力コミュニティは、他の団体と協力してできることはないかと、日々模索しております。何か良いアイディアがありましたらどうぞお寄せください!

(斉藤・理事長)

いちかわ産フェスタで、会員募集します

 9月16日、「第13回いちかわ産フェスタ」(千葉県立現代産業科学館;ニッケコルトンプラザ隣り)が開催されます。

 当日は、会員事業者のワイアイシー(yic)が出店するテント内に特設コーナーを設けて、いちかわ電力コミュニティーの会員募集を行います。当日、その場で申し込み書に記入いただき会費(5000円)と共に提出いただければ、ご入会の手続きができます。

 ワイアイシーは太陽光関連製品を取り扱う個人事業者でいちかわ電力コミュニティーの会員です。当日は、太陽光発電関連製品と防災関連製品のサンプルを展示し、販売もする予定です。また、お子様向けに『クイズに答えてお菓子をゲット』の催しを用意しています。

  ワイアイシーは、市民による再生可能エネルギー促進による二酸化炭素の低減と安全で安心な活気のある街づくりに向けて活動するいちかわ電力コミュニティーを応援しています。お時間のある方はぜひご来場いただき、この機会にいち電への会員にご入会いただければ幸いです。

 いちかわ産フェスタでお目にかかりましょう。ご来場をお待ちしています。

(山田・理事)

2017年度第1回定例会を開催!

8月19日(土)16時より、いちかわ情報プラザ2階にて、今年度第1回目の定例会を開催しました。予定時間を超える熱い議論が飛び交いました。

会議では、はじめに、いちかわ電力合同会社設立と口座開設の報告を受けた後、現在進めいている発電事業2案件の進捗と今後の実務予定について説明がありました。

まだまだ乗り越える課題や難問はありますが、1日も早い発電の開始を目指し、着実に手続きを進めていくことを確認しました。いざ動き出しましたら、詳しくご説明したいと思います。その節は、ぜひ皆様のご協力をお待ちしております!

続いて、6月4日に開催された「いちかわ環境・防災フェア」へ出展した反省として、参加者からアンケートを踏まえ、来年への取り組みについて話し合いました。

今後の活動については、ホームページ完成に伴うブログ掲載や関連団体の活動情報の把握、連携、協働など、具体的な活動方針の提案、確認がされました。

地球温暖化の影響として、国内に止まらず局地的豪雨や雷雨による氾濫、冠水、土砂崩れ、さらにはひょうによる被害、野菜など農作物の被害など、例を挙げればきりがない昨今となっています。心ある皆さまと手をつなぎ、さらに大きな運動の輪へと広げてまいりたいと思います!

(角・理事)

いちかわ環境フェアに出展しました

 報告です。昨年に引き続き、6月4日の「いちかわ環境フェア」(ニッケコルトンプラザ会場)に参加しました。

 今回はテント内に4枚の看板と共に太陽光発電サンプルを設置して、昨年末にNPO法人格を取得した「いちかわ電力コミュニティー」のPRと活動への参加、入会のお誘い、及び再生可能エネルギーの促進を呼びかけました。

 当会テントにも大勢の方がご来場くださりサンプルや看板を見てご質問いただき理解を深めていただきました。特にお子様には太陽光発電で飛ぶちょうちょのおもちゃが好評でした。

  いちかわ電力コミュニティーは、市民による再生可能エネルギー促進による二酸化炭素の低減と安全で安心な活気のある街づくりに向けて活動してまいります。ご支援ご協力をお願いいたします。

(山田・理事)

NPO法人いち電コミュHP開設!

こんにちは。

「いちかわ電力準備会」の頃からお付き合いがはじまったみなさまは、その後、いったいどうなったの?と思われていたかもしれません。

この間、いろいろ難しいことも抱えながら、でも地道に、再生可能エネルギーの普及のための活動を、進めてきました。

NPO法人化して、発信が滞っていて、ごめんなさい。

でも、ようやくHPが立ち上がりました!

http://www.ichikawapower.com/

これからは色々と、発電事業化のめどを視野にいれつつ、様々な活動を、地道に展開していきたいと思っています。

 

これから「いち電コミュ」としての活動を紹介し、様々にみなさまとかかわりを作っていきたいと思っています。

改めまして、これからまたご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

(平田・副理事長)

いちかわ電力準備会第2回総会と、NPO法人化記念イベントについてご報告

こんにちは。

少し時間がたってしまいましたが、2017年2月18日に開催されました、いちかわ電力準備会第2回総会と、NPO法人化記念イベントについてご報告します。

当日は、準備会の会員はもちろん、市川市議、八千代市議、市川市環境政策課の職員、近隣で市民発電に取り組んでいる仲間も駆けつけて下さり、50名近くの方にご参加頂きました! 予想を上回るご参加を頂き、窮屈な会場となりましたことをお詫び申し上げます。 当日ご出席がかなわなかった方からも、激励メッセージを頂き、会場でもご紹介させて頂きました。 皆様の温かいご支援に、一同心より感謝致します!

第2回いちかわ電力準備会総会について  事業報告・決算報告ともに、出席会員に承諾して頂きました。 いちかわ電力準備会は解散するとし、今後はNPO法人いちかわ電力コミュニティに引き継がれることを出席会員に承諾して頂きました。

  • 記念イベントについて  千葉エコ・エネルギー株式会社の馬上丈司さんに「再生可能エネルギーをとりまく状況と市民発電のこれから」という魅力的なテーマでご講演して頂きました。  再生可能エネルギーの望ましい利活用推進のあり方について、説得力のある資料を提示しながら分かりやすく説明して頂きました。 市民発電のこれからにつきましては、意義や価値を強調したうえで、様々な課題があることをご指摘下さいました。  これから本格的な活動を進めていく私たちにとっては、これ以上ないほど考えさせられるご講演でした。

その後、NPOいちかわ電力コミュニティから自己紹介と今後の活動について簡単にご説明させて頂き、続いて、いちかわ電力(仮称)からは、鋭意検討中の市民発電の事業内容と目指す事業ビジョンについてご紹介させて頂きました。

当日参加して下さった方々、メッセージをお寄せ下さった方々に、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。  これからもどうぞよろしくお願いいたします。

斉藤真実(理事長)

講演をする千葉エコ・エネルギーの馬上さん